消費者金融

消費者金融:キャッシングの返済方法の特徴とは

キャッシングを経験してみたいと思っている人の中には、返済方法が気になって躊躇している人もいるようです。確かに、融資の受け方はなんとなく知っていても、返済方法については知らない人も多そうです。
キャッシングの銀行カードローンのメリット

銀行などで融資を受けた際は口座から引き落としで返済といった方法が知られているようですが、消費者金融でキャッシングした際の返済方法も色々あります。簡単にですが紹介していきましょう。

まずは「ATMを利用してのの支払い」が挙げられます。ATMでは都銀を始めとした地方銀行やコンビニなどと消費者金融は提携を結んでいますので、コンビニに置いてあるATMで融資を受けること意外にも返済も可能です。

通常は手数料が必要になりますが、コンビニによっては返済手数料なしで活用することのできるケースもあります。キャッシング業者によって、提携を結んでいるコンビニが異なりますので、利用する前は事前に調べてみて下さい。

次に「指定口座からの自動引き落とし」です。キャッシング業者ごとに指定する銀行は違うため、所有していない口座の場合は出来ない事がありますが、銀行口座から自動引き落としで返済できるケースもあります。引き落とし手数料は掛からない事がほとんどです。

そして「キャッシング業者指定の銀行口座への振込み」ですが、こちらはその名の通り、業者が指定した口座に振り込む形で返済する方法になります。振り込み手数料は利用者側が支払う事が一般的です。

「店舗での直接返済」になりますと、全国各地にある大手の消費者金融が便利です。支払いの相談も受け付けてくれますので、相談に乗ってもらいたいケースでは店舗の窓口まで足を運ぶのがベストです。

「指定口座へネットバンキングを利用してのの送金」を選ぶメリットは、24時間いつでも自分のタイミングで返済できることでしょうか。土日や祝日でもインターネットバンクであれば関係ありません。

但し、返済に使用できるネットバンクは、キャッシング業者指定の銀行と契約する事が求められます。振込みに掛かる手数料は基本的には掛からず、キャッシング業者が持ってくれる事がほとんどです。

このように返済方法も多岐にわたりますので、自分の返済しやすい方法で、ルールを守ってキャッシングを行っていきましょう。

出産時にキャッシングをした話

私は出産のため、信販系のキャッシングを行った事があります。私と主人の間には子供がいませんでした。元々旅行好きかきっかけで親しくなったのもあり、夫婦で共働きだというのに、貯金より旅行!というくらいに、毎月どこかに出かけている生活を送っていました。今思うと本当に恥ずかしい話です…。

そんな私たちに子供が出来たのです。予定外の妊娠でした。勿論すごくうれしいことでしたが、先にお金の事が頭に浮かんでしまったんですね…。貯えがほとんどない状態なのに、パパとママになる資格はあるのだろうか。けれどせっかく授かった命、生みたかったのです。私は出産ギリギリまで働いて、少しでも多く貯金をしようと思いました。

でも人生って思い通り行かないものですよね。妊娠初期の酷いつわりで動くこともままならず、働くどころか入院をすることになりました。つわりの時期を越えたかと思ったら次は切迫流産の危機でドクターストップ。

ついに仕事に復帰することはできずに産休にはいってしまいました。お給料は激減、医療費が増え、生活は苦しくなる一方なのに、夫婦間もピリピリした空気が漂うようになりました。夫は忙しい職場のため、仕事の他にバイトをすることも出来ません。もう無理だ、そう思ってお金を借り入れることを、私は夫に伝えました。

但しお金を借りる前に、私は夫といくつかルールを決めました。借り入れていいのはどうしても足りない生活費だけ、返済は私が職場復帰したら、残債を一度に返せるようにしよう。長い間返済するのは止めようね、と。夫と計画を立て、それに沿って借り入れることを決定しました。

キャッシング業者は、今まで使っていたクレジットカードのキャッシング枠です。初めて活用しましたが、思ったよりあっさり必要な現金を手にする事が出来ました。

キャッシングするまでは悩んだりしていましたが、実行してしまうと晴れやかな気持ちになり、心配せずに赤ちゃんが生めるとほっとしました。夫婦仲もいつも通りになり、気持ちが安らぐ事が出来たのが何より良かったことだと感じています。

返済額は月々生活していけるくらいの金額ですので、私は仕事に復帰するまでも問題なく返す事ができました。育休を若干早めに切り上げ、私は復職しました。ですから返済は早い期間で完済する事が可能でした。

キャッシングした事で出産を乗り越えられ、夫婦間のピンチも乗り越えられたわけです。でもこのことを反省材料だったと捉え、今では計画的に貯金もしています。自分の好きな事をするためのキャッシングは、私の中では今でもナシです。

でも生きるためのキャッシングはアリではないでしょうか。正直それまでは良い印象のなかったキャッシングですが、お金というの人を生かすものなのだととても勉強になりました。

キャッシングの危険性について

突然お金に困ってしまった…このようなことはどんな人にも訪れるものです。キャッシングの利用を考えている人も中にはいると思いますが、まずはその前に覚えておいた方が良い事があります。気をつけたいキャッシングの落とし穴ともいえることを、いくつかご案内させて下さい。

まずは利息のお話になります。消費者金融というのは利息が高めに設定されているものです。一般的には「4.7パーセントから18.0パーセントの利息」と書かれている事が多いため、低い利息でキャッシングできると考える人は少なくありませんが、10.0パーセント以下の利息で済むことはほとんどないと考えていいでしょう。

中には20パーセントに届きそうな利息になるケースもあるため、返済に苦労することも多いです。

次に借りすぎてしまうリスクのお話です。消費者金融には利用者が「ここまで借りられる」という限度額があります。数十万円という融資枠になるとは思いますが、たとえば40万円に限度額が設定されたとしましょう。

始めに40万円の融資を受け、元本の中の20万円を返済します。次に残りの20万円を返済…する前に、再び先に返済した20万円分の融資を受ける事が可能なのです。気付くと何度もキャッシングを行っていた。大きな借金ができてしまっていた、といったことは珍しい話ではありません。キャッシングする際は、必要な金額だけの融資を受ける、という強い意志が必要になります。

また計画的にキャッシングするための、返済シミュレーションも行っておきましょう。大手キャッシング会社が運営するサイトの多くでは、返済シミュレーションができます。サイトに登録することなく利用できますので、借りすぎないためにも活用するのはオススメです。

最後になりますが、「闇金」は決して利用しないようにしてください。突然お金が必要になった時というのは、焦って吟味するまもなくキャッシング業者を決めてしまう事がありますが、もしそこが闇金だったケースでは、抜け出せなくなる可能性がありますので注意しましょう。

闇金を見分ける方法としては、大手の消費者金融を選ぶことや、公式サイトを運営しているかどうかを調べること、利息制限法を厳守しているかどうかをきちんと確認することなどがオススメです。「ブラック可」「即融資」といった告知を出していない会社を選択するのも大事です。

また登録番号は数字が高くなるほど長期経営している会社ということになりますので、「1」が登録番号の際は、闇金である可能性が高いといえます。すぐにお金が必要なのに確認作業なんてしていられないという気持ちもわかりますが、闇金で借りてしまってからでは取り返しが付きません。必ずしっかりと確認をして下さい。

このページの先頭へ